キャッシング リボ返済

MENU

キャッシングのリボ返済はどんな方法?

リボルビング方式という返済方式を聞いたことがありますか?通常キャッシングで採用されている返済方式はリボ方式であることが多いのですが、どのように返済していくのでしょうか?

 

リボルビング方式は毎月の返済額は一定となります。各キャッシングによって毎月の最少返済額は違っていますが、その最少返済額以上の金額を約定返済額として返していくわけです。

 

例えば1万円が約定返済額なら、毎月返済日が訪れれば1万円を返します。それを借入残高がゼロになるまで続けることで完済することになるのです。この方法は毎月同じ金額を返済すればよいことから返済計画が立てやすくなっています。

 

しかし、一定の金額を元金と利息に分けているため返済当初はなかなか元金が減っていかず、返済モチベーションを保つことが難しいという側面も持っています。リボルビング方式で返済を続けるなら、随時返済を上手に組み合わせていくことは必須です。

 

たいていの即日キャッシング商品は随時返済をいつでも受け付けていることが多く、また随時返済のために手数料などを払う必要もありません。まとまった金額をキャッシングしたら積極的に随時返済を組み合わせることをおすすめします。

 

また、現在利用中のローンでなかなか返済のめどが立たない時には借り換えなどを検討される方も多いでしょう。借り換え時にはとにかく金利が低いローンを探す方も多いのですが、より早く完済したいならこの返済方式に注目してみましょう。

 

借り換えローンではリボルビング返済方式ではなく、借入残高を均等に分割した方式のものがあります。これは月々の返済額は多くなることが多いのですが、段階的に借入残高が減っていくことが分かりますので返済モチベーションを保ちやすいと言われています。

毎月の返済こそが大切

「キャッシングはお金を借りることだから、借りられればそれでいいでしょ?」と考えがちです。必要な金額を準備できればそれでホッとする部分も大きいですから、その先のことまで考えるのは難しいかもしれません。

 

しかし、キャッシングをして借入残高が残っている限りは必ず返済を続けなければいけません。返済は毎月必ず約定返済日がやってきます。この日にきっちりと遅れることなく返済を続けること、これが重要なことになります。

 

1万円借りて1万円と利用した日数分の利息を1回で返済してしまう、これなら返済計画は特に気にする必要がないかもしれません。お金に余裕があれば約定返済日まで待たずに返してしまえばその分の利息も軽減されます。

 

しかしある程度のまとまったお金を借りた場合、返済期間は年単位となってきます。毎月必ず決まった時に返済する、これが数年続く状態は意外と負担はだんだんと大きくなってくるものです。

 

利用しているうちに「明日に返してもいいか…。」「ちょっとなら遅れてもいいかな。」とだんだん返済に対してきっちりとした意識を保つことが難しくなるのです。さらに「返してもなかなか借入残高が減らないし、また追加で借りてしまおう。」といったことをすると、最初に立てていた返済計画はどこかに行ってしまいます。

 

どれほど返済期間が長くなっても毎月の返済日に約定返済額をきっちりと返す、また少しでもお金に余裕があるのなら随時返済をどんどんしていく、これはキャッシングにおいてぜひやっていただきたいことになります。